会計ソフトを使いこなそう!弥生会計・会計王・ネットde会計の使い方を学ぼう!
弥生会計・ネットDE会計・会計王:イーアカウント
イーアカウント 会計ソリューション 弥生会計・ネットDE会計・会計王 法人研修

 

HOME
簿記入門
▲ 簿記入門
┣ 簿記って何?
┣ 簿記の目的
┣ 簿記の計算期間
┣ 貸借対照表
 損益計算書
▲ 記帳入門
┣ 簿記上の取引
┣ 勘定
┣ 勘定記入ルール
┣ 仕訳
┗ 取引を記帳してみよう
簿記用語集
▲ あ行
▲ か・が行
▲ さ・ざ行
▲ た・だ行
▲ な・は・ば行
▲ ま行
▲ や・ら・わ行
雑 記
 記帳入門・・勘定
 簿記は、経済活動を帳簿に記録します。それでは、次に帳簿について学習します。帳簿には仕訳帳というノートと総勘定元帳というノートが2冊あります。ここではまず勘定について見てみましょう!
勘定への集計方法
 簿記上の取引が生じると,企業の財産は変動します。そこで簿記では,その変動の結果を認識するために,取引を「勘定」というものに記録集計していきます。では,その「勘定」への記録集計方法を見ていきましょう。
勘定科目
 総勘定元帳というノートの各勘定には勘定科目が設定されます。勘定科目は、資産・負債・資本・収益・費用ごとに区分され個別に設定されます。そしてほとんどが一般用語と一緒なのですが若干違うところがあります。実務的には会計ソフトの辞書などを参考に企業にあわせて利用すると良いと思います。
勘定記入のルール
簿記では、様々な簿記上の取引を資産・負債・資本・収益・費用に区分して記帳していきます。この取引を覚えていくのが学習の第一段階といってよいほどです。
 
次のページへ
 

さあ、これだけはしっかりと覚えよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Copyright (C) 2005-2006 TRADECREATE Co.,Ltd. All Rights Reserved